夢ノートのある日々

夢ノートで毎日0.1%ずつ豊かになりたい僕の日常

エゴグラムで人生脚本の傾向を知る

 

人生計画は2~3歳の期間で作られ、その後はそのシナリオ(脚本)通りに生きていくような選択・判断・行動を人はしているという。

 

これは、エリック・バーンが提唱した「人生脚本」という心理学理論である。

 

この脚本がハッピーな脚本であればハッピーな人生となる。

 

もし人生が上手くいかない脚本であればその後の人生は上手くいかない。

 

この自分の脚本を分析するための手法がエゴグラムだ。

 

三凛さとしさんのライフクリエイションプログラムではこの、人生脚本に関する内容を

最初の週に扱っている。

 

エゴグラムを元に自分の人生脚本の傾向を知ることで、自分の無意識の癖を知り、引き寄せの体質を目指すための現在地を把握することができる。

 

今回、目醒めの学校の入会を期に、1年ぶりにライフクリエイションプログラムの復習をしているのだが、再度このエゴグラム分析をしてみた。

 

すると、ハッピーな人生脚本の要素のポイントが向上し、ネガティブな人生脚本の要素のポイントが下がっていることに気が付いた。

 

普段はあまり意識していないけど、この一年間で自分自身への人生脚本のシナリオがよりポジティブなものに変わってきていることが確認できた。

 

エゴグラムもできる引き寄せプログラム

sanrin1.net

 

▼28日間で無料で引き寄せを学べるプログラム

sanrin1.net

 


人気ブログランキング